萩野菜ピクルス >  未分類 > 腸活サラダボウル全国お届便「TABECHORU」オープン

レシピとブログ

腸活サラダボウル全国お届便「TABECHORU」オープン

腸活サラダボウルを全国へお届けします

shokudou05

日本初!ピクルス専門学校「ピクルスアカデミー」開校

shokudou05

腸活サラダボウルを全国へお届けします


日本初!ピクルス専門学校「ピクルスアカデミー」開校



みなさま、こんにちは!
腸活サラダボウル定期便「TABECHORU」と申します。
TABECHORU特設サイトはこちら

私たちは山口県山口市にある萩野菜ピクルスというお店を運営しております。
「規格外の野菜を使ってピクルスを作り、農家の収入の一助になる」という目標を掲げ、2012年の開業以来、様々な野菜やお酢と向き合い続けてきました。

これまで培ってきた知識や経験を活かそうと2020年に本社を移転したこときっかけに、野菜中心の食事を提供するカフェをオープン致しました。
そこのメニューの一つとして提供しているのが腸に特化したこの「腸活サラダボウル」です。

元々はランチメニューのセットとして山盛りのサラダを提供していたのですが、「どれだけ食べても野菜だから罪悪感がない」という事で好評を得ていました。
そんな中、ちらほらとお腹の調子が良くなったという声も聞くようになってきたのです。

「ただ野菜を提供していただけなのに何故?」と考え始め、付け合わせで出しているピクルスとドレッシングがよかったんじゃないか?という仮説が浮かび上がりました。

そこで、様々な専門家のもとへ伺い、「野菜」「ピクルスのお酢」「ドレッシングに使用している食材」が体にどのような影響を与えているのかを調べ、腸活サラダボウルとしてレシピを完成させる事ができました。

発売直後から多くの方にお求め頂いて、市外からもサラダボウル目当てでお越しになる方もいらっしゃるようになり、これが「腸活サラダボウルをお届けするサービス」のきっかけになりました。

サラダは単発で食べれば良いわけではなく、継続して少しずつ摂取して頂く必要があります。当初は月に何度もお送りすることも検討したのですが、送料など諸費用がお客様の負担になるのはどうしても避けたいと考え、思いついたのがお客様自身に基礎知識をつけてもらい足りない分はご自身でおごなってもらう環境づくりでした。

TABECHORUで提供するのは「毎月1回体に目を向けてもらうキッカケづくり」

こう割り切ることで、あとはお客様に腸内環境について学べるツールを用意する事で解決できると確信する事ができました。

自分にはどの野菜が必要なのか?をお客様自身で判断して頂くには自分の「便」が一番のカルテです。
そこで、自分の「便」を見ながら学べる「腸活PDCA」を開発いたしました。
冊子「腸活PDCA」には腸の基礎知識や便の状態から自分に何が不足しているなど、様々な情報が網羅してあります。

その知識があれば毎日の体調管理を自分自身で行う事ができます。
腸活PDCAでは1週間のチェックシートをご用意しておりますが、一生続けなければならない!という気負いは全く必要ありません。
社会生活をしていく上でしょうがなく不摂生が続く日もあるでしょうし、毎日が理想通りに過ごせるほうが難しいと思います。

そんな時に自分の「便」をみて、こういう時にはこういうものを摂取すればいいという指針が自分にあるか無いかでは、対応の仕方に随分な差が生じます。
毎月1回TABECHORUが届いた時にだけでも、ご自身の体に目を向けて労ってあげるだけでも体は喜んでくれると思います。

TABECHORUを体験する事で皆様の心と体が少しでも良い方向に進んで頂ければこれ以上幸せなことはありません。
TABECHORUが皆様に少しでも寄り添える存在になれるよう、精一杯尽くしてまいります。
TABECHORU特設サイトはこちら

関連記事

?
?
?
?
コメントは利用できません。

最近の記事

ページ上部へ戻る